慕光会

慕光会/会則

<< TOPへ

第1条
この会は慕光会という。

第2条
この会の本部は三条市におき、事務所を母校内におく。

第3条
会員が多数存在する地には支部を置くことができる。(支部の経費の一部を本部が補助する)

第4条
この会は会員の親睦を増し、母校の発展を計ることを目的とする。

第5条
この会はその目的を達するため、次の事業を行う。
1.会報および会員名簿の発行
2.その他適当な事業

第6条
この会の会員は次のとおりとする
正会員 次のいずれかに該当するもの
    1. 三条東高等学校(前身校を含む)の卒業生
    2. 在学したことがあり、会員となることを希望するもの
客 員 母校職員および旧職

第7条
この会に次の役員を置く。
名誉会長 1名
会長   1名
副会長  若干名
会計監事 2名
常任幹事 若干名
幹事   若干名
会計   若干名
書記   若干名

第8条
役員の任務は次のとおりとする。
名誉会長は顧問と共に重要会務の諮問に応ずる。
会長はこの会を代表し、常任幹事会の議決に従い会務を行う。
常任幹事会を招集できない緊急な場合は事後常任幹事会に報告し、その承認を得なければならない。
副会長は会長を補佐し、会長「に」事故ある時は代理をする。
会計監事は会計を監査する。
常任幹事は常任幹事会を構成し、重要事項を審議し、かつその運営にあたる。
幹事は会員との連絡をはかる。
会計は会長の命を受け会計事務にあたる。 書記はこの会の庶務を行ない記録を作成する。

第9条
役員の選出は次のとおりとする。
名誉会長は母校校長を推薦する。
会計は総会で選出する。
副会長は正会員の中から総会で選出し、1名は母校教頭を推薦する。
会計監事は総会で選出する。
常任幹事、会計、書記は会長が委嘱する。
幹事は随時会長が委嘱する。

第10条
役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

第11条
会員として功績のあった者は総会でこれを顧問に推すことができる。

第12条
この会は毎年1回総会を開き、会務の報告その他諸般の重要事項の審議を行なう。

第13条
この会の経費は入会金、寄付金その他で支弁する。

第14条
この会則を変更するには総会にはかり、その出席者の3分の2以上の賛成を必要とする。

以上

 
 Page Top
Copyright (C) 慕光会 bokoukai 新潟県立三条東高校 同窓会 - 禁無断転載 -